2012年3月22日

中国江蘇省張家港市の合成樹脂等の生産拠点を増設、2013年9月稼働開始

-華東、華北地区の需要拡大に対応、戦略製品積極投入-

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:杉江和男)は、中国江蘇省張家港市の合成樹脂等の生産拠点「張家港迪愛生化工」(DICの100%子会社)における増設を決定しました。華東ならびに華北地区の需要拡大に迅速に対応するもので、約63百万元(約8億円)を投じて2012年9月に着工、2013年9月より設備稼働を開始する予定です。

 このたびの増設では、年間約12,000トンの生産能力を増強する予定で、増産品目は、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、金属石鹸(注)などです。アクリル樹脂は、パソコンやタブレットPC、携帯電話などのボディ表面のコーティング用途として電子材料や光学材料向けに、さらには自動車や家電などのコーティング用途としても出荷される予定です。ウレタン樹脂は、「南通迪愛生色料」(DICの100%子会社、江蘇省南通市)にて建設中のグラビアインキ新プラント向けに、また金属石鹸は、自動車のタイヤ用原材料として、各々出荷される予定で、いずれも中国経済の成長に伴う需要の増大に迅速に対応するものです。

 張家港迪愛生化工は、2005年の創業以来、主に華東の顧客を対象に、コーティング樹脂、ウレタン樹脂、塩化ビニル向け改質剤といった複数の樹脂関連製品を生産してきましたが、主に華南の顧客向けに、コーティング樹脂と金属石鹸を供給する「迪愛生合成樹脂(中山)」(DICの100%子会社、広東省中山市)との相互補完により、華東、華南、華北の各市場での競争力を強化してきました。同社では、このたびの増設により、前述の用途分野への製品展開を鋭意進めていくとともに、日本国内における戦略製品の中国市場への積極投入を図ります。

(注)金属石鹸:化学構造が石鹸と類似していることから、「石鹸」と称されるが、洗浄力はなく、家庭で使用されるような石鹸とは性質が全く異なる。金属石鹸は、金属と脂肪酸が結合した有機金属化合物であり、自動車のタイヤにおいては、ゴムの部分とタイヤの補強材であるスチールコードを強力に接着する目的で用いられる。

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2012年 > 中国江蘇省張家港市の合成樹脂等の生産拠点を増設、2013年9月稼働開始