2012年2月27日

中国・江蘇省南通市に環境対応型パッケージ用インキのマザープラントを建設

‐安全・安心を発信する工場、2012年12月より稼働開始-

 DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:杉江和男)は、中国江蘇省南通市において環境対応型パッケージ用インキのマザープラントを建設することを決定しました。中国内の飲料・食品などの軟包装材印刷用途を中心に、環境・安全・品質を重視した製品を提供していきます。同新プラントは当社の子会社である「南通迪愛生色料」に増設する形で、107百万人民元(約13.7億円)を投じて、2012年2月に着工し、試運転を経て同年12月より稼動を開始する予定です。

 パッケージ用インキは、飲料・食品などの軟包装材の印刷用途に用いられ、景気変動を受けにくい分野として、先進国においても需要は堅調に推移していますが、成長地域においては近年需要が大きく伸びています。とりわけ13億以上の人口を擁する中国の潜在需要は大きく、現在の20万トン(パッケージ用リキッドインキ)の需要が、2020年には35万トンに増大することが見込まれます(当社予想)。また近年、中国においても環境・安全への関心が高まっており、同新プラントでは、トルエン、ケトンフリーの環境安全重視のパッケージ用インキの供給能力を整え、磐石な環境対応体制を確立します。

 南通迪愛生色料は、現有の生産設備により、広範な中国国内に枚葉インキと有機顔料を供給するマザープラントとして、既に重要な位置づけにありますが、同新プラントで生産されるパッケージ用インキの原材料となる有機顔料の一部は同一工場内で調達されることとなります。また、将来的には主要原材料の一つであるウレタン樹脂についても、近隣約50kmに位置する当社グループの合成樹脂生産拠点「張家港迪愛生化工」から高品質品が安定供給される予定であり、きわめて生産効率の高い立地となっています。生産工程において最新の生産技術を導入し、生産効率と品質の向上を目指すとともに、安全・安心を発信する工場という仕様で、食品包装分野にもっとも重要な、製品の安全・安心への徹底を訴求していく計画です。

 新プラントは、2012年12月の稼動開始後、段階的に生産規模を拡大し、最終的に年産45,000トン規模となる予定です。これにより、当社グループ合計の中国地域内におけるパッケージ用インキの生産能力を現在の25,000トンから年産約70,000トンに、市場シェアを現在の10%から20%に、各々引き上げることを目指します。

【新プラントの概要】
・所属法人       : 南通迪愛生色料有限公司
・所在地         : 中国江蘇省南通市南通経済工業開発地区
・投資総額       : 約107百万人民元(約13.7億円)
・敷地面積       : 27,000平方メートル
・着工予定時期    : 2012年2月
・稼働開始予定時期 : 2012年12月
・主要生産品目    : 環境対応型パッケージ用インキ

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-5203-7838

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト新しいウィンドウ」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

Global | HOME > ニュースリリース > 2012年 > 中国・江蘇省南通市に環境対応型パッケージ用インキのマザープラントを建設