特集インフラ補修用樹脂/硬化剤「EPICLON/ラッカマイド」

湿った補修面でも優れた接着性で工期・ 作業性を改善

老朽化した道路・橋などのインフラ補修が喫緊の課題

食品容器・家電部品・断熱材をもっとエコに

高齢化する道路構造物は10年後から20年後にかけて飛躍的に増加
高齢化する道路構造物は10年後から20年後にかけて飛躍的に増加

建設年度別施設数
建設年度別施設数

日本では1960年代の経済成長期に一斉に整備された道路や橋梁などが50年を経過し、交通量の増加・車両の大型化・凍結防止剤などによるダメージが蓄積され、各地で深刻な劣化が報告されています。しかし、国や自治体の財政逼迫のため補修・更新が思うように進まず、安全確保のため通行止めとなった道路や橋が急増しています。

こうした中で、低コストで安全性を確保できる補修技術の活用によって寿命を延ばす対策への注目度が高まっています。また、インフラの修復は道路・鉄道・橋脚など屋外工事が中心のため、降雨や河川の水が工事遅延の原因になることが多く、補修材には湿潤環境での高い適応性が求められています。

現在、 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、首都高速の大規模改修や橋梁の補修・更新をはじめ全国の自治体でも補修工事が急務となっています。一方、老朽インフラが日本に先行して社会問題化しているアメリカ、将来的に顕在化することが懸念される中国など、優れた補修材に対するニーズはグローバルに高まっています。

画期的な硬化剤により湿潤面の接着力を大幅に向上

DICの取り組み

省エネルギー

環境負荷物質削減

安全・安全

雨による工期の遅れを短縮し作業性も改善

水に強く常温で硬化するため作業時間の節約に
水に強く常温で硬化するため作業時間の節約に

DICは土木補修向けに用途・工法に適した多種多様な材料を開発・販売しています。その経験をもとに、雨による工期の遅れを最小限に抑えたい現場のニーズに応えるため、2014年6月、湿潤面でも優れた接着力を発揮する熱硬化性エポキシ樹脂「 EPICLON(エピクロン)」の新タイプと画期的な常温硬化性を備えた硬化剤「ラッカマイド」の組み合わせによる補修材を開発しました。

例えば老朽化したコンクリート製インフラの補修工事では、新旧のコンクリ-トを接着させる必要があり、雨が降ると当日も翌日以降もコンクリートが乾くまで作業に着手できませんでした。

そこでDICは、母材となるエポキシ樹脂の密着性を高めると同時に、 混合して樹脂を固める硬化剤の耐水性向上に着手。独自の高分子設計・配合技術を活かして新たな組成を創出し、画期的な耐水性と常温硬化性を備えた「ラッカマイド」の開発に成功しました。従来、耐水性を備えた硬化剤は高温加熱する必要がありましたが、「ラッカマイド」は常温で硬化するため屋外作業での使用が可能となったのです。

この樹脂と硬化剤の相互作用によって、湿ったコンクリートでの接着力が大幅に向上し、 雨や湿潤環境での作業性改善と工期遅れの短縮を可能としました。

また、DICではエポキシ樹脂/硬化剤のほか、低温環境ですばやく硬化して優れた強靭性を発揮するアクリル樹脂系の補修材「ディオバー」でも、湿潤面での接着力を大幅に向上させた新タイプを開発。冬季や寒冷地における作業性や工期遅れの短縮に寄与します。

これらの樹脂/硬化剤は、各地域の道路・構造物の規格およびシリンダー注入・スプレー塗布などの工法に合わせて特性をカスタマイズし、工事施工会社などに納入されます。

KEY PERSON of DIC

ポリマ第一技術本部 ポリマ技術1 グループ 研究主任 戸村 次男

「ラッカマイド」の常温硬化性・耐水性に大きな手応え

硬化剤を加熱せず樹脂の耐水性・接着性を高めるというテーマは、非常識への挑戦でした。試行錯誤の末に実現した常温硬化性は一目瞭然で、ぬれたコンクリートに塗布すると、水を押しのけるように平滑に広がり、強力な接着強度を発揮します。
現在、施工会社で試用され、長期の耐久評価が行われていますが、大きな手応えを感じています。

ポリマ第一技術本部 ポリマ技術1 グループ 研究主任 戸村 次男

塗料材料営業本部ライフ&リビングエポキシ営業部 担当課長 鈴木 政徳

日本で実績を重ねてグローバル市場へ

補修材は各地域の道路規格や施工方法に合わせて特性を細かくカスタマイズします。それだけに施工会社などと密接に連携して採用実績をあげることが重要です。湿潤面に対応する補修材のポテンシャルは高く、まずは国内で施工実績を積み重ね、将来は中国・アジアパシフィック地区のDIC生産拠点を活用したグローバル市場への展開も構想しています。

塗料材料営業本部ライフ&リビングエポキシ営業部 担当課長 鈴木 政徳

サステナビリティ>

Global | HOME > サステナビリティ > 特集 > 過去の特集 > インフラ補修用樹脂/硬化剤「EPICLON/ラッカマイド」