特集酸素バリア接着剤「PASLIM」

フィルムに代わって酸素の透過を抑制し食品をロングライフ化

より機能的な包装で食料の廃棄ロス削減や包装資材の有効活用を

食料廃棄ロスの実状

各地域における消費および消費前段階の1人あたりの食料ロス
各地域における消費および消費前段階の1人あたりの食料ロス

食料が十分に供給されず栄養不足に苦しむ人々が多数いる一方で、様々な要因によって生産量の3分の1に当たる約13億トン/年もの食料が廃棄されています(国連食糧農業機関(FAO)2011年報告書)。こうした状況を少しでも改善するため、食品包装の高機能化によって消費期限を長期化し、流通・小売・消費段階における廃棄ロスを低減する取り組みが行われています。

中でも、バクテリアや菌の繁殖を助ける酸素から食品を守るため、酸素バリア性を備えたプラスチックフィルムで包装する方法が知られています。これによって食品の酸化を防ぎ、消費期限をより長く保つことができます。

ただ、このような酸素バリア性を備えたフィルムは、何層ものフィルムを接着剤で貼り合わせる積層構造で、容易に生産・普及できない地域が数多くあります。そのため、よりシンプルな構造のバリア機能型パッケージや素材を開発して現地生産できれば、さらなる食料の廃棄ロス削減や包装資材の節減につながります。

接着剤で酸素の透過を抑制し包装フィルムを軽量化

DICの取り組み

食料ロス削減

省エネルギー

環境負荷物質削減

安全・安心

CO2削減

酸素バリアフィルムに代わる接着剤で食料廃棄ロス低減を

「PASLIM」の構造
「PASLIM」の構造

酸素バリア積層フィルム構造例
酸素バリア積層フィルム構造例

酸素バリア接着剤を使ったソーセージ包装
酸素バリア接着剤を使ったソーセージ包装

世界のパッケージ市場へ多様な高機能材料(インキ・フィルム・接着剤・コーティング材など)を供給するDICは、消費期限の長期化による廃棄ロス削減や包装資材の有効活用の観点から、食品パッケージにおけるバリア機能の向上に取り組んでいます。

そして、2013年夏、新たな多機能パッケージ材料として、酸素バリア性を備えた接着剤「PASLIM(パスリム)」を開発しました。

これは酸素を透過させにくいポリマー(重合体)とともにフィラーという無機化合物を配合し、酸素の透過経路を長くしてバリア性能を高めたものです(迷路効果)。これにより接着剤は実際の数倍の厚さに相当する酸素バリア性を発揮します。

「PASLIM」が従来のフィルムに代わって酸素の透過を抑制することで、包装フィルムの薄膜・軽量化が大幅に促進できます。これにより食品の劣化を防ぐとともに、使用する包装フィルムの量やコスト、製品輸送時のCO2排出量、使用済み包装フィルムの廃棄物量を低減し、包装に関わるCO2総排出量も約3割(当社試算)削減できます。

「PASLIM」は、中国の畜産加工メーカーのハム・ソーセージ用パッケージに採用されたのを皮切りに、各国の国際包装展示会で反響を呼び、現在、世界中の食品メーカーや包装関連企業からお問い合わせをいただいています。

KEY PERSON of DIC

接着剤プロジェクト 担当課長 末弘 現

中国でビジネスモデルを確立してグローバル展開を

「PASLIM」は、従来の包装材料の得意先のみならず、直接、中国の食品メーカーに課題解決策を提案。現地の包装加工会社に技術指導して食品パッケージへの採用を実現したソリューションビジネスの成功例です。今後はDICの技術とネットワークを活用してこの事業モデルを水平展開し、各国・地域の実情に即した課題解決策を提案してまいります。

接着剤プロジェクト 担当課長 末弘 現

接着剤技術本部 接着剤技術1グループ 主任研究員 下口 睦弘

基礎研究と応用技術がハーモニーを奏でるように

「PASLIM」には、樹脂に酸素バリア性を有する樹脂を創成する合成技術、無数のフィラーから選りすぐった物質を分散させる技術を複合し、さらに接着性能を高める配合技術が活かされています。R&D本部と技術統括本部が一体となってチャレンジしたことで、トータルバランスに優れた高機能接着剤を製品化できました。

接着剤技術本部 接着剤技術1グループ 主任研究員 下口 睦弘

パッケージング&グラフィックスマーケティング部 担当課長 西村 晋

バリア機能を進化させて持続可能な社会に貢献を

持続的な未来を作るために、食料ロス・廃棄を削減しようという「SAVE FOOD」の動きが欧米を中心に進んでいます。そのための有力な解決手段の1つとして、フィルム製パッケージへのバリア機能の付与が期待されています。DICでは、樹脂合成などの要素技術を活かした製品開発と、世界中のコンバーターとのネットワークを活かした連携でこの課題解決に取り組んでいます。今後は、バリア接着剤をはじめとするソリューションをさらに拡大し、持続可能な社会の実現に貢献したいと考えています。

パッケージング&グラフィックスマーケティング部 担当課長 西村 晋

サステナビリティ>

Global | HOME > サステナビリティ > 特集 > 酸素バリア接着剤「PASLIM」