ハロゲンフリーPPS樹脂

コネクタ コネクタ

CDのピックアップレンズ用部材 CDのピックアップレンズ用部材

コンピュータ業界を中心に、脱ハロゲン(環境破壊の原因となるダイオキシンの発生源である塩素、臭素など)化の動きが活発化しています。

DICのPPS(ポリフェニレンサルファイド)は、コネクタ、光ピックアップなどの電子部品用材料として使用されておりますが、PPS樹脂はハロゲン系難燃剤を使用していないにもかかわらず、その構造上必ず含有される微量塩素のためハロゲン含有樹脂とみなされ、その低減化の要望が高まっていました。DICは、独自の重合技術とアロイ化技術を融合することにより、PPS樹脂に含まれる塩素量を基準値である900ppm未満に低減し、低ハロゲン化PPSコンパウンドのラインアップを完成させています。

サステナビリティ>

Global | HOME > サステナビリティ > 特集 > 過去の特集 > ハロゲンフリーPPS樹脂