印刷インキ製品の環境対応への取り組み

地球規模での環境保全活動が広がる中、印刷インキについても、有害物質を使用しないインキ、石油系溶剤を抑制した、大豆油インキ、植物油インキなどが開発されています。さらに石油系溶剤を全く含まない「ノンVOCインキ」も増えつつあります。また、湿し水を排出しない水なし印刷用インキは印刷工程全体のVOC削減に、LED-UV照射装置を利用し乾燥工程での消費電力を削減するLED-UV用インキや、リサイクル性を考慮したタイプなど、印刷物としての環境保全に対応した各種の製品を揃えております。お客様のニーズに応じた環境対応型印刷インキを、選択していただくことが可能です。

LED-UV用オフセットインキ

UVインキは、紫外線のエネルギーで光化学反応を起こすことにより瞬間的に硬化するインキで、自然乾燥の油性インキと比べて生産性が高く、VOCを含まない環境調和型のインキとなっています。これらの特長から、UVインキを使用する印刷は、加工工程が多く物性要求の厳しいパッケージ印刷を中心に広く利用されてきました。近年は、UV印刷の高生産性と高付加価値性が、一般商業印刷分野でも注目されて一層の需要拡大が見込まれています。

LED-UV用オフセットインキ LED-UV用オフセットインキ

LED-UV印刷システムは、従来のUVランプによる印刷システムと比べ消費電力が70~80%削減でき、用紙サイズに合わせた部分点灯が可能という環境負荷軽減効果があります。また、ランプが従来比10倍以上長寿命で点灯のON/OFFが容易なため生産性向上が図れ、オゾン発生がない、印刷物の熱変形が起きないなどの長所があります。一方で、LED-UVランプは照射強度が弱く、短波長UV光を含まないため従来のインキでは十分な硬化が得られませんでした。「ダイキュア アビリオ®LED」は、優れた印刷適性はそのままに、LEDUVランプで硬化するUVオフセットインキです。

枚葉インキ用プロセスインキ

プラント開所式典 プラント開所式典

グローバル・マザープラント外観 グローバル・マザープラント外観

印刷インキおよび有機顔料の世界トップシェアー※1である当社グループは、インキの生産・供給体制の最適化をグローバルに進めています。環境調和型枚葉プロセスインキ「SunLitTMDiamond」をインド西部のグジャラート州ダヘジ経済特別区に新設したグローバル・マザープラントで昨年末より生産を開始し、今後、グローバルに供給を行っていきます。同プラントは、ヨーロッパ製の設備を中心とした最新鋭の自動化プラントで、高品質な枚葉プロセスインキを効率よく生産することができます。今後、段階的に生産規模を拡大し、最終的には年産約3万tの大規模プラントとなる予定です。

同プラントから世界各地に供給される枚葉プロセスインキは、Non-VOC型としてカーボンオフセットに寄与するだけでなく、RoHS・REACH・EN71/3など国際規格に準拠した環境調和型製品です。今回のグローバル・マザープラントは中国・南通市の拠点に続き2箇所目となりますが、DICグループでは、今後も各種インキの生産・供給体制の最適化に向けて取り組んでいきます。

  • ※1世界シェアは、印刷インキで約30%、有機顔料で約25%。有機顔料は印刷インキの主要原料。

DICグループが日本国内で展開する環境調和型印刷インキ

サステナビリティ>

Global | HOME > サステナビリティ > 特集 > 過去の特集 > 印刷インキ製品の環境対応への取り組み