税務

DICグループの税務に関する方針

DICグループは、「化学で彩りと快適を提案する」という経営ビジョンのもと、社会と地球環境の持続可能な発展に貢献するために、株主、顧客、取引先、社員その他のステークホルダーの期待に応える事業活動を行い、納税義務を認識し、グローバルに信頼される責任ある企業市民であり続けることを目指します。

私たちは、グループ社員が遵守すべき行動基準「DICグループ行動規範」を定め、税法を含む全ての法令を遵守することを社会的責任の一つと位置づけており、税務に関する国際ルール、事業活動を行う各国・地域の法令を踏まえ、DICグループ全体に以下の方針を適用し、税務に関する透明性を確保します。

1. タックスプランニングに対する姿勢

事業活動を反映した公正、適正なタックスプランニングを行います。また、税務に関する国際ルール、事業活動を行う各国・地域における法令を遵守し、税務リスクを最小限に抑えるように努めます。

OECDが定める移転価格ガイドラインに準拠して、独立企業原則に基づいてグループ内取引を行います。

投資や事業活動を行うに当たっては、適用される法令に基づく司法管轄権が及ぶ国や地域に適正な拠点を設立します。また、タックスヘイブンを利用した租税回避行為や事業実態に合致しないようなタックスプランニングを行いません。

2. 税務当局との関係

政府や税務当局との間で建設的かつ相互信頼の関係を構築するよう努め、税務上の係争を早期に解決するよう、税務当局と協力して取り組みます。

3. 透明性の確保

税務に関する最新の国際ルール及び関係法令に対する理解を深め、社会的な信頼を構築することにより、税務に関する透明性を高めることが重要であると認識し、行動します。

4. 税務リスク管理

税務リスクが発生するおそれのある複雑な契約や取引については、必要に応じて外部の税務専門家のアドバイスを求め、契約や取引に伴う税務リスクを検討し、国際ルール、各国・地域の法令に準拠するよう努めます。

内部統制の一環として、リスクマネジメントに関する方針に基づき経営環境の変化やリスクの多様化に対応しており、税務リスクについても、その低減のために、グループ内で教育プログラムを整備し周知徹底に努めます。また、グローバルな税務リスクを適切に評価、管理し、対策を講じてその有効性を監視します。

5. ガバナンス

DICグループの税務ガバナンスについては、DICの最高財務責任者である執行役員の指示のもと、適正な体制を整備します。

附則

本方針は、2017年11月14日DIC取締役会で承認されています。

以上

サステナビリティ>

Global | HOME > サステナビリティ > DICグループの「サステナビリティ」 > サステナビリティ・マネジメント > 税務